ショウナンザナドゥのレース内容・評価【素質馬ファイル】

回顧・次走注目馬

ショウナンザナドゥの基本情報

馬名:ショウナンザナドゥ

生年月日:2022年2月18日

性別:メス

厩舎:栗東・松下武士

父:キズナ

母:ミスエーニョ

生産者:ノーザンF

母ミスエーニョはアメリカでダ7FのGⅠ・デビュタントSを制覇。繁殖牝馬としてはファンタジーSを勝ったミスエルテ、フラワーC勝ち馬ミアネーロを出すなど、3歳以上の産駒は6頭全て勝ち上がっている。本馬はセレクトセールで2億350万円(税込)の値がついた高額取引馬。

ショウナンザナドゥのレース内容と評価

2歳新馬 2着

6月1日 京都芝1600m(内) 2番人気 1:33.9(ダノンフェアレディ) 池添

スタートは五分に出て、促して先行。ただ、内からダノンフェアレディが思いのほか主張してきたので2番手に控える。600m通過35.7秒は新馬戦としては平均的なペース。内回り4角を出て直線に向くあたりでやや勝ち馬に離され、そこからステッキを入れて再び差を詰めるも、半馬身まで迫ったところがゴールだった。着差以上に手応えの差はあった2着。

とはいえ走破時計1:33.9なら、超高速馬場だったことを差し引いても2歳6月としては非常に優秀な部類。素質馬が集まる6月開幕週新馬で3着を7馬身、4着をさらに5馬身離した点には価値がある。いつぞやのグランアレグリアとダノンファンタジー、昨年のボンドガールとチェルヴィニアのように、ダノンフェアレディともどもGⅠ戦線で主役を張る予感はある。次の未勝利戦は(オッズは見込めないが)確勝級だろう。

(最終更新日:2024年6月2日)

素質馬ファイル一覧

タイトルとURLをコピーしました