【中央競馬】ながつきSと当日他レースの予想

中央競馬予想

参加予定レース

【宣伝です】『競馬ナイト+』9,10月号発売中です!【ぜひお買い求めください】

競馬ナイト+(プラス) 2023年9,10月号発行・文:鈴木ユウヤ|鈴木ユウヤ
こちらはオリジナルWebマガジン『競馬ナイト+』のnote版です。 対象ツイートを「公開アカウント(=鍵なし)で」リツイート(リポスト)していただくと、100円割引で読むことができます。ぜひ拡散にご協力いただけますと幸いです。 1.編集前記...

中山2、中山4、阪神7、阪神9、阪神10、阪神11、中山11、阪神12、中山12

※買い目は基本的に◎-◯のワイド

金曜は3打数ノーヒット。今開催はこれといった戦果を挙げられずに終わってしまった。パッとせず。

一刻も早く立て直したい気持ちで再び中央へ。今週から阪神も中山もコース替わり。中山は結構雨の影響がありそう。

◆中山2

◎ソルトブリーズ
Cコース替わりの16頭立てマイル。セオリー通り内枠から。この馬以外の内枠勢はテン37秒前後のペースを戦ってきた馬が多く、労せず先手をとれる公算が高い。ごまかしの効かない新潟外回りより、位置取りの利が出やすい中山の方が戦いようがある。

◯デビッドテソーロ
前走は手応えのある状態で直線に向いたが、いざ追われると頭が高いままイマイチエンジンがかからず。狭いスペースを嫌がったか。そうこうしている内に進路がなくなってしまい、最後は流しての8着。広いところへ出して最後まで闘争心がもてば。

◆中山4

◎マキアージュ
芝に戻してからの4戦はどれも悪くない走りだが、如何せん差し競馬だったり、内で踏み遅れている間に勝機を逸したりとツキがない。前記した通りCコース替わりのため外枠がネックだが、ハッキリとした逃げ馬もいないので、覚悟を決めて行き切ってほしい。

◯ランドオブラヴ
2走前は詰まった分の取りこぼしで、前走も詰まりかけたが狭いところを割ってきた。ちょっと話はズレるけど、佐々木Jはよく言えばアグレッシブ、悪く言えばデンジャラス。捌ける気配のあまりない窮屈なポジションに突っ込んでいく面がありますね。

◆阪神7

◎サンライズタイソン
2走前は完全に折り合いを欠いて参考外。前走は出遅れから4角大外追上でやや膨れるような場面もありながら、前残り決着にただ1頭いい脚で追い込んでいた。速い上がりを問われてどうかは未知だが、いわゆるP型で大箱ワンターンの方がよさそうなクチではある。

◯ティムール
勝ち上がり以降、青葉賞以外全てのレースで展開が向いてない。4角不利→スロー遅刻→スロー遅刻→(青葉賞)→スロー遅刻。実力はもっと上で戦える馬だと思っています。

◆阪神9

◎ザウリ
逃げこそ読めないが、先行勢多数の組み合わせ。じっくり構えて一発ぶっこ抜けそうな馬を。

前走は序盤行きたがる素振りを見せ、抑えると今度は馬群のなかでどんどん位置が悪くなってしまった。いま絶好調の岩田望来に替わるのも頼もしい。

◯ディキシーガンナー

◆阪神10

◎アルーリングビュー
Bコース替わりの1200mはさすがにイン前優勢だろう。前走は外枠からで内に入れなかった上にゴチャつくシーンもあって、結局速い流れの3車線目走行。直線を向くまでに脚を失くしてしまった。2走前に負かしたルガルはその後葵S2着、朱鷺S3着としており、そこを物差しに考えると2勝クラスなら力上位。

◯バースクライ

◆阪神11

◎スプラウティング
3走前、東京ダ1400mでテン34.1秒のハイペースを先行して3着を高く評価。前走は1150mの競馬が合わなかったことに尽きる。得意距離に戻って外枠替わり。シンプルに。

◯サンライズフレイム
先着を許したのはパライバトルマリンとブライアンセンスでどちらも重賞級の馬。前走も直線詰まりかけたりして、決して上手く乗られたわけではなかったが、前を行く馬の間隙から一瞬で抜け出した脚は非凡だった。グレートサンドシーの方が人気するだろうが、枠を考えればこちらの方が信頼度は高い。

◆中山11

◎オーヴァーネクサス
初ブリンカーの前走は効果が出すぎて、ハイペースの外5を追走するめちゃくちゃな競馬。ただそれでも3着に踏ん張ったのは偉いこと。あの感じなら200mの短縮はプラスに働くだろう。鞍上強化にも期待。

◯サンライズアムール
2走前は直線向かい風が強く、絶対前残り馬場に泣く。前走は折り合いを欠きながらの外4追走でラスト甘くなった。あまり小器用なタイプではなく、少頭数替わりの外枠は好材料。

◆阪神12

◎タイセイウォリアー
オーサムリザルトは強いけれど、揉まれたときどうなるのか問題が未解決。これはジャスティファイだけど、ほかアメリカンファラオとかアロゲートとか、アメリカ最強馬の産駒は何故か気分を損ねるとサッパリな馬が多い。かといって、初ダートのショーモンもなあ……。

というわけで他のお遊び単勝を買ってみる。前走は1000m通過60.9秒、1着と2着が後ろからドンと来たレースを前で粘走した。貫太継続騎乗でも、今回は平場になるので斤量3キロ減。

◆中山12

◎クインズミモザ
サーマルソアリングがズバ抜けて強いので、まともについていった馬は甘くなる想定。追い込み一手タイプが漁夫の利で3まで滑り込んでくるイメージで。1,3走前はスローの前残りに泣き、2走前は4角付近で進路をカットされるような場面があった。ハマりますように。

◯サーマルソアリング
ダートを使ったらめちゃくちゃ強かった。前走の勝ち時計1.51.8は同開催の名鉄杯(アーテルアストレア、1.51.7)とほぼ同じ。3勝クラスまではノンストップでしょう。

タイトルとURLをコピーしました